風立ちぬ ネタバレ 結末 宮崎駿 スタジオジブリ

風立ちぬ ネタバレ 結末 宮崎駿 スタジオジブリ

スタジオジブリ宮崎駿の「遺作」とも言われる「風立ちぬ」は
実在するゼロ戦設計者・堀越二郎の自伝(ノンフィクション)と
同時代の作家・堀辰雄の小説「風立ちぬ」(フィクション)の二つの要素に
宮崎駿の内部に宿る「飛行機マニア」の要素を重ね合わせて、紡ぎ出した映画です。

風立ちぬ」のネタバレ・結末はどうなるか…


※閲覧注意!完全に「風立ちぬラストシーンネタバレです。

↓ここから
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

風立ちぬ ネタバレ 結末


医者として定期的に菜穂子を診ていた加代が、バスの中から歩き去る菜穂子の姿を見つける。
黒川夫人とともにあわただしく離れの部屋に向かうが、そこには菜穂子の荷物はなにひとつなく、きれいに整頓され、机の上に手紙がきっちり三通置かれていた。加代は自分宛の手紙を開封する。「お姉さん!菜穂子さん山へ帰るって!呼び戻してきます!」しかし黒川夫人は「だめよ!追ってはなりません…菜穂子さんが汽車に乗るまで、そっとしておきましょう。」


「美しいところだけ、好きな人に見てもらったのね…」


手紙を握りしめたままで外へ飛び出す加代。しかし立ち止まり、体を震わせて号泣する。


田園を走り抜ける列車の座席に一人座る菜穂子
彼女は死ぬために山へ帰るのだ。



後のゼロ戦の原型となる二郎の九試は、その美しい姿で空を飛び回っていた。テスト飛行は大成功だった。速度は240ノット(約440キロ)に達していた。驚きと歓喜に包まれる服部、黒川、三菱の社員たち。


しかし二郎はその時、まったく別の場所に立った風を感じていた。


パイロットが二郎に握手を求めてきた。「すばらしい飛行機です。ありがとう」



日本、敗戦する


1945年(昭和20年)


空を無数のB-29爆撃機が覆っていた。燃えさかる日本の都市。日本は戦争に負けたのだ。



二郎は夢の中にいた。無数の航空機の残骸の中を歩いていた。
草原に出た。カプローニが立って二郎を出迎えた。
二郎「ここは最初に僕らが会った草原ですね」カプローニ「夢の王国だ…」
二郎「地獄かと思った」カプローニ「似たようなものだな」


カプローニは問う「君の10年はどうだったかね?」
「力は尽くしました…終わりはズタズタでしたが」「国を滅ぼしたんだからなぁ…」

その時、草原の向こうから美しい飛行機の編隊が通り抜けるてゆく「あれかね…君のゼロは」
パイロットたちが次々に敬礼していく。白い機体が空を覆い尽くす。
カプローニ「美しいな。いい仕事だ」二郎「一機も戻ってきませんでした…」


カプローニ「生きて帰りし者なし…飛行機は美しくも呪われた夢だ。大空はみな飲み込んでしまう…」


そしてカプローニが、ずっとここで二郎を待っていた、という人を指さす。


遠くに、白いパラソルを持った女性が立っている。ゆっくりと歩いてくる。


菜穂子だった。


「あなた…生きて…」微笑む菜穂子


その時、風が立った。
菜穂子はまるで風に溶けるように消えさっていく。


二郎「ありがとう…ありがとう…」声を震わせて、菜穂子に最後の別れを告げる。


行ってしまった。今度こそ…本当に。


カプローニ
「君は生きねばならん…
その前に、寄っていかないか?…いいワインがあるんだ」
夢の中の草原を歩き出す二郎カプローニ

ー終ー



↓「風立ちぬ」あらすじはこちら
>風立ちぬ あらすじ
posted by トトロ at 15:42 | Comment(8) | 風立ちぬ ネタバレ 結末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。