宮崎駿はガチで兵器マニア! 高校時代の投稿記事発見! 2013年公開予定のスタジオジブリ最新作は戦争映画に?

宮崎駿はガチで兵器マニア! 高校時代の投稿記事発見!
2013年公開予定のスタジオジブリ最新作は戦争映画に?

宮崎駿はいわゆる「団塊の世代」ですので、基本的には反戦平和主義者ですね。




未来少年コナン



風の谷のナウシカ(原作コミック超オススメ!)




もののけ姫




あたりの作品は、その傾向が顕著です(作品の出来とは関係なく)。-->

しかし、非常に矛盾しますが、宮崎駿は無類の兵器マニアなんです。
スタジオジブリ最新作「風立ちぬ(2013年公開予定・タイトル未定)」は、ゼロ戦開発者である堀越二郎の半生を描くものになると予想されています。

いわゆる太平洋戦争までは描かれないと思いますが、その前の兵器開発の部分はたっぷり出てくるかも知れません。





そしてその「兵器オタク」宮崎駿が高校時代に兵器雑誌に投稿した文章を発見!

↓昭和33年4月10日発行「世界の艦船」より転載 宮崎駿の寄稿文
4月号の「魚雷艇の話」、非常に興味深く拝読しました。ただ、ちょっと感じたのですが、
これからの魚雷艇の価値を判断するのに、 第2次世界大戦の戦訓に基いてするのでは、
ずいぶん不合理な点も出てくるのではないかと考えさせられました。
魚雷艇の兵装はたいして変わらないが、その相手になる艦船と航空機の、
火器の精度と電子兵器の進歩はすさまじいものがあると思います。
これからの魚雷艇は局地戦闘において、敵航空機の跳梁下に行動することも多いと思います。
しかしMTB、MGBの40ミリ機砲および4.5インチ単身砲は、
第2次世界大戦の速力300浬/時の攻撃機、あるいは浮上潜水艦との戦闘ならともかくも、
これからの超スピード攻撃機に、どの程度の対空威力を発揮しうるといえるでしょうか。
現在ミサイルは各方面に急速な進歩をとげつつあり、着着実用の域に達しつつあります。
魚雷艇は高速航海時に多量の熱放射線を出し、
それは空対艦の熱線ホーミング装置のミサイルに良好な感度をあたえます。
魚雷艇の火器の射程外から安全かつ正確な攻撃が可能です。こうなると魚雷艇の被弾率は少なく、
対空火力は有力だということはいえなくなります。
駆逐艦は火器を対空ミサイルに改装することが可能ですが、
50-100トンの魚雷艇ではミサイルを装置すればMTB(Motor Torpedo Boat)、MGB(Motor Gun Boats)の役は、
果たすことが不可能になります。結局大型化の必要が生じてきます。
これからは敵航空機の優勢な局地における駆逐艦と魚雷艇の経済度云々は成立しなくなるのではないでしょうか。
魚雷艇は対潜一本に進むべきでしょう。その点わが国の魚雷艇が派手ではありませんが
着実にその道を歩んでいるのを見ると嬉しく思います。生意気な意見をのべましたが、
私もわが国の艦艇の進歩を祈る1人です。愚見御笑覧下さい。
(東京都杉並区永福町 宮崎駿

↓当時の雑誌の画像 宮崎駿の寄稿文
宮崎駿 高校時代 兵器雑誌 寄稿文

いかがでしょうか、宮崎駿
高校生にして兵器オタクっぷり・・・w
これで「戦争は愚かだ!」みたいな映画つくっても今ひとつ説得力が・・・w

もっともこういう事に一番矛盾を感じているのは宮崎駿自身らしく
「俺戦争嫌いで兵器大好き、矛盾してる!」みたいな発言を繰り返ししています。




まぁ個人的には矛盾ではないと思いますがね・・・。
兵器というのは確かに美しい。兵器に罪はないと私も思います。

そういう矛盾がなければああした作品は作れないでしょう。

さて、金曜ロードショー・風の谷のナウシカでの最後の発表では、何か情報が出たかな?
>金曜ロードshow! 風の谷のナウシカ放送内で宮崎駿・スタジオジブリ最新作のタイトル・公開時期発表!




posted by トトロ at 13:18 | Comment(1) | 宮崎駿 スタジオジブリ 最新作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金曜ロードshow! 風の谷のナウシカ放送内で宮崎駿・スタジオジブリ最新作のタイトル・公開時期発表!

金曜ロードshow! 風の谷のナウシカ放送内で宮崎駿・スタジオジブリ最新作のタイトル・公開時期発表!
posted by トトロ at 21:29 | Comment(1) | 宮崎駿 スタジオジブリ 最新作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮崎駿 スタジオジブリ 最新作 風立ちぬ 漫画 画像 スケッチ 絵コンテ

宮崎駿・スタジオジブリの最新作といわれる「風立ちぬ」。

NHKで2011年8月に放送された「ふたり・コクリコ坂・父と子の300日戦争〜宮崎駿×宮崎吾朗〜」というドキュメント番組内で
一瞬ですが、宮崎駿が今取り組んでいる「新作映画」のアイデアスケッチが画面に映りました。





眼鏡をかけた男性はいわゆる一般的なアニメキャラではなく、現実にいそうな日本人男性、しかも時代はかなりさかのぼる感じです。ゲタを履いていて、インテリの文学青年という感じですね。
これが主人公の堀越二郎でしょうか?


また、隣にはヒロイン?らしき女性キャラ、そのまた隣には現実の宮崎駿そっくりな顔立ちの男性もかすかに見えます。

しかし「原作」と思われる宮崎駿の漫画作品「風立ちぬ」では、男性は「紅の豚」よろしく豚の鼻でしたが
このアイデアスケッチを見る限り、「女性は人間で、男性は鼻だけ豚」という設定ではないようです。
↓宮崎駿の「紅の豚」原作本





宮崎駿ご本人は「まだ企画書の一枚目しかできてない」とのたまっていましたが、別のシーンでは絵コンテが映し出されましたので、それなりに固まってきてはいるようです。

しかしNHKでも内容が流出しないように気を使っているらしく、残念ながら画面からはどういう内容なのか全く判別できません。

果たしてスタジオジブリ・宮崎駿最新作「風立ちぬ」はどういった内容になるのか?
紅の豚 スタジオジブリ絵コンテ全集〈7〉



posted by トトロ at 21:54 | Comment(1) | 宮崎駿 スタジオジブリ 最新作 画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮崎駿 スタジオジブリ 最新作は2013年公開で、タイトルは「風立ちぬ」?原作のあらすじはゼロ戦開発者の堀越二郎(ほりこしじろう)の自伝的内容を映画化か?

宮崎駿 スタジオジブリ 最新作は2013年公開で、タイトルは「風立ちぬ」
原作はゼロ戦開発者の堀越二郎の自伝的内容か

スタジオジブリの宮崎駿監督の「崖の上のポニュ」の次作となる最新長編劇場版アニメーション映画のタイトルが「風立ちぬ」になるのではないかという情報が流れています。

この「風立ちぬ」は、宮崎駿監督自身が兵器プラモデル雑誌「月刊モデルグラフィックス」に連載していた漫画で
あらすじ・内容は、太平洋戦争当時のいわゆる「ゼロ戦」を設計・開発した航空技術者・堀越二郎(ほりこしじろう)の青年時代を描いた自伝的なもの。
↓宮崎駿の「風立ちぬ」第1話が掲載された「月刊モデルグラフィックス」2009年4月号


※現時点でコミックになっていないので以上でしか読めません


なぜこうした話が立ち上がってきているかというと、宮崎駿監督が雑誌「Cut」で次のように語っているからです。
※以下は雑誌「Cut」2011年9月号の「宮崎駿3万字インタビュー」から引用。



「関東大震災のAパートのラフコンテを切り終わった時に、震災が起こって。」

「戦争の道具を作った人間の映画を作るんですけど、スタッフにも女房にも『なんでそんな映画を作るんだ?』って言われて。」

「その男はその時の日本の、もっとも才能のあった男なんです。でも、ものすごく挫折した人間なんです。物造りを全うできなかったから、敗戦の中でね、ずたずたになっていったんですよ。でも僕は彼が『美しいものを作りたかった』ということをポツっと洩らしたということを聞いてね、「これだ!」 と思ったんです。」



以下、宮崎駿の漫画「風立ちぬ」の堀越二郎とインタビュー内容との共通点です。

堀越二郎は1903年生まれで、関東大震災は1923年の事です(当時堀越二郎は20歳)。
堀越二郎はゼロ戦などの戦闘機の設計者だったので、「人殺しの道具を作った」というのは符合します。
彼は飛行機技術者だったが、決して戦闘機を作りたかった訳ではないらしく、またゼロ戦は当時の低い技術力や限られた素材の中での妥協の産物であったらしく「物造りを全うできなかった」「敗戦の中で挫折した」というのも現実の堀越二郎と符合します。

「名機」ゼロ戦の設計者・堀越二郎の著作



もっとも公式発表はまだありませんし、題名も変更されるかもしれませんが・・・
このブログでは宮崎駿の最新作と噂される「風立ちぬ(タイトル未定)」について、随時最新情報を更新していきます!



posted by トトロ at 15:24 | Comment(0) | 宮崎駿 スタジオジブリ 最新作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。